パチスロ「ドキューン」

先日、ちょっとした待ち時間にホールで目に付いた機種が
あったので、打ってみました。
三洋(←海物語の)のパチスロ「ドキューン」です。
ドキューン

確率も何もわからず座りましたが、データを見ると
合計1400Gほど回って、BR合計10回で現在240G。
まあ、悪くはないかな?と思い打ち始めると
1kでリプレイ3連からBIG。
ボーナスが終わると1Gごとにカウントダウンがあり
チャンスゾーンかな?とか思いながら数ゲーム消化すると
中段に「弾丸」←リプレイが揃い77GのRTへ。
と言っても、この機種中段は無効ラインなようで
別ラインで特殊リプレイが揃っていました。

その後は、5回ボーナス(B3,R2)を引きましたが
全てRTに突入し、しかもすべてRT内での連チャンだったので
下皿ガッチリでRT抜けで、時間切れとなり600枚ほど流しましたが
ゲーム性は、沖スロとビンゴを足して2で割ったような?感じで
とりたてて目新しいところはないのですが

筐体デザインとリプレイ絵柄の「弾丸」が妙にカッコよかったのが
印象的でしたね。
過去の機種のいいとこ取りしたような感じに仕上がってます。

リプレイ絵柄の「弾丸」→アルゼのシルバーブレット
レバーオン時の「カシャッ」っという音 →サミーのハードボイルド

欲を言えば、この機種「目押し不要」なのですが
引き込み100%としなければ、もう少し演出が楽しめたかな?
という気がします。
リプ連が熱いのですが、リプレイ2連、3連、4連と来て
期待感を煽っておきながらも、引き込み100%なので確定告知が入る前に
ボーナス絵柄が揃ってしまうので・・・(笑

パチスロドキューン」解析値
ボーナス確率
BIG
設定1 1/228.35
設定3 1/214.17
設定5 1/199.80
設定6 1/177.12

REG
設定1 1/358.12
設定3 1/318.14
設定5 1/297.89
設定6 1/271.93

ボーナス合成
設定1 1/139.44
設定3 1/128.00
設定5 1/119.59
設定6 1/107.26

機械割
設定1 95.97%
設定3 99.80%
設定5 104.83%
設定6 111.78%

ボーナス獲得枚数
BIG(7揃い)
純増枚数約200枚+CZ7G

REG(7・BAR・7)
純増枚数約50枚+CZ7G


シューティングタイム(RT)
ボーナス後に発生する7GのCZ中に、特殊リプレイが入賞すると突入するRT。
ボーナスが成立するか77G消化するまで継続する。
1Gあたりの純増枚数は約0.1枚。

成立ボーナス別・RT突入期待度
BIG後 約60%
REG後 約30%

2008/06/30


パチスロ高設定最速看破法   > 究極のパチスロ高設定引き寄せの法則

今日、パチスロで勝った人は見ないで下さい。

設定6の機械割115%!エマから、ちゅらそーれ

パチスロ「ちゅらそーれ」は、多彩なボーナス告知を搭載したエマの沖スロ。
ドットのハイビスカスが左向きは、BIG確定、右向きはボーナス共通。

レバーON「ピュイ!」の音でチェリー入賞、7セグで
ボーナス期待度を虹>赤>緑>黄>白で、段階告知する新機能も搭載。


ちゅらそーれ 動画



赤7BIG:払い出し枚数が345枚以上で終了。純増枚数約312枚
人魚BIG:払い出し枚数が345枚以上で終了。純増枚数約312枚
REG(7・7・BER):払い出し枚数が209枚以上で終了。純増枚数約209枚
REG(人魚・人魚・BER):払い出し枚数が209枚以上で終了。純増枚数約209枚
※REGは7・リプレイ・リプレイを一度揃えることで最大209枚の獲得が可能(+13枚)

ちゅらそーれ25

ちゅらそーれ解析値

機械割
設定1 96.6%
設定2 98.0%
設定3 100.5%
設定4 105.3%
設定5 110.0%
設定6 115.1%


ボーナス確率
<BIG確率>
設定1 1/420.1
設定2 1/394.8
設定3 1/381.0
設定4 1/344.9
設定5 1/315.1
設定6 1/292.6

<REG確率>
設定1 1/381.0
設定2 1/394.8
設定3 1/368.2
設定4 1/372.4
設定5 1/344.9
設定6 1/324.4

<ボーナス合成確率>
設定1 1/199.8
設定2 1/197.4
設定3 1/187.3
設定4 1/179.1
設定5 1/164.7
設定6 1/153.8


2008/06/24


パチスロ高設定最速看破法   > 究極のパチスロ高設定引き寄せの法則

今日、パチスロで勝った人は見ないで下さい。
posted by 管理人 | Comment(0) | TrackBack(0) | 番外編

パチスロ BLUE HEARTS

パチスロ「BLUE HEATS(ブルーハーツ)」が銀座からリリース予定とのことです。

ブルーハーツと言えば、80年代を代表するバンドのひとつとして
活躍していましたが、そのブルーハーツがパチスロになって
戻ってくるとあっては、今から待ち遠しい方が大勢いるのではないでしょうか!

機種詳細に関しては、未確認ですが入替自粛明けには
登場してくることでしょう。


パチスロ高設定最速看破法   > 究極のパチスロ高設定引き寄せの法則

今日、パチスロで勝った人は見ないで下さい。

パチンコ・パチスロの儲けは申告するのか?

パチスロ・パチンコに関して興味深い記事を見つけました。

パチンコ・パチスロの儲けは申告するのか? 
エキサイトニュースより引用

家の近くのパチンコ店は、開店を待つ人で毎朝大変な行列だ。
その光景を見るたびに疑問に思うことがある。
並んでいる人の中にはパチンコ・パチスロ
かなりの利益を上げている人も多いはず。そんな人たちって、
その所得は申告しているのだろうか? 普通に考えれば申告している
人なんていないと思うが、本来はどうするべきなのか、
国税庁に聞いてみた。

「わが国の所得税は、申告納税制度を採用しており、
この申告納税制度は納税者が自ら税法に従って所得と税額を
正しく計算しなければならないものであり、具体的には納税者が
その税額を算定するのに必要な資料を持ち、これに基づいて
適正な申告を行うことを基本としています」

給与所得につき年末調整を受けた人で、給与所得および
退職所得以外の所得金額が20万円以下である人など、
一定の場合には確定申告の必要はない。
逆に、パチンコ・パチスロでの儲けが20万円を超えた場合は、
会社員でも申告しないといけないのだ。

競馬などの公営ギャンブルの払戻金は一時所得扱い。
ということはパチンコ・パチスロも同じ?

「一般的には、臨時的、偶発的に発生する所得は一時所得、
継続的に生じる所得等で事業所得等他の所得に該当しないものは
雑所得となります。
パチンコ・パチスロによる収入においても、その人の収入等の
状況により一時所得または雑所得となり一概には申し上げられません」

一時所得とは、臨時的、偶発的に発生する所得で、
競馬、競輪の払戻金、生命保険の一時金や損害保険の満期払戻金、
懸賞や福引の賞品金など。
雑所得とは、給与所得や一時所得など他の所得区分のいずれにも
該当しない所得で、公的年金や著述業や作家以外の人が受ける
原稿料や印税、講演料や放送謝金などがこれに当たる。

申告する人の収入等の状況により一時所得または雑所得となるため、
分からない時は最寄りの税務署に聞けば詳しく教えてくれるそうだ。

では、実際に申告している人はいるのだろうか?
「確定申告をしている人について、パチンコ・パチスロによる
収入がある人の人数については把握していません」

ちなみに申告をする際、パチンコ・パチスロに関わる経費はどうなるのだろう?
経費は、パチンコ・パチスロの収入が一時所得または
雑所得のいずれかに該当するかによって異なってくる。
特に一時所得の金額は、一時所得の収入金額からその収入を得るために
支出した金額を控除して計算することとされているが、
この「収入を得るために支出した金額」はその収入を生じた行為をするため、
またはその収入を生じた原因の発生に伴い直接要した金額に
限ることとされている。

例えば、一時所得にあたる競馬の払戻金の場合、
的中した馬券を購入した金額のみが経費となる。
1点100円で3通り300円の馬券を買ったうち1点が的中したら、
経費は100円のみ。それまでの負けや競馬場での食費、競馬新聞代などは
経費とならないのだ。

その点、パチンコ・パチスロはどこまでが経費になるのか非常に難しい。
投資額と払戻金を証明する書類を店側が出してくれるわけでもないし……。
そのあたりの曖昧さもあって、申告しづらいのかも知れないが……。
(S.I/C-side)
---------------------------------

長々と引用してしまいましたが、要は店側が貸し球料や貸しコイン料の
領収証を発行してくれないのと、換金した金額を示す書類もない。

そもそも、「パチスロ・パチンコで現金を稼ぐ」という解釈って
公に認めてもいいものなんですかね?(笑

もし、認めるとしたら、かたち的には、客がホールから特殊景品である
ボールペンや金(きん)なんかの特殊景品を仕入れて
換金所に卸す・・・ って感じになるのでしょうか?
それをまた、換金所はホールに卸して・・・って感じ。
(まったく生産性のかけらも感じられない訳ですが)

とうことは、パチプロとは「卸業」?

まぁ、どうでもいいことですね(笑

2008/06/20


パチスロ高設定最速看破法   > 究極のパチスロ高設定引き寄せの法則

今日、パチスロで勝った人は見ないで下さい。
posted by 管理人 | Comment(0) | TrackBack(0) | 番外編

パチスロ スペーススペクター

パチスロ「スペーススペクター」は、
1992年に日活興業(現 ネット)から出た3号機です。
本来のボーナス確率は、REGが圧倒的に高く遊べる機種を意識した
つくりだったのですが、当然それでは客のニーズに応えることが出来ず
爆裂機としてホールデビューをしたケースが非常に多かったようです。
特徴としては、ほとんどクレジット内でのBIG連と200G前後での
引き戻しが多かったように記憶しています。
近所に新規オープンしたホールに導入され、モーニングから
ほとんど出っ放しで、8,000枚くらい出たので、良い印象が強いですね(笑



このスペーススペクター、画期的だったのは下皿が"開き戸"?のような
仕様になっており、開き戸のレバーをずらすと、下皿のコインを
容易に箱に移せるしくみでした。
ちょっとした気配りですが、なかなか良いアイデアと思ったものですが
この機種以外に、このしくみを使ったパチスロを見かけたことがないので
何かの規則に触れるんでしょうかね?

あと、ボフセット打法なるセット打法(BIG)も発覚しました。

2008/06/19


パチスロ高設定最速看破法   > 究極のパチスロ高設定引き寄せの法則

今日、パチスロで勝った人は見ないで下さい。
posted by 管理人 | Comment(0) | TrackBack(0) | 懐かしの名機

マツヤ商会から新機種登場

パチスロメーカー、マツヤ商会の復活第2弾は
ピンクブーの流れを汲む? ミッション・イン・ポッシブー。
(ちなみに第1弾は、ニューダイナマイトキッズ

ミッション・イン・ポッシブー

まず最初に、ニューダイナマイトキッズの時は、気付きませんでしたが
アビリットの筐体を使用しているんですね〜
マツヤ商会とアビリット、どんな関係なんでしょうかね。。。

ミッション・イン・ポッシブーの仕様に関しては、完全告知タイプで、
ボーナスは、ビッグボーナス(純増約330枚)とミドルボーナス(純増約140枚)、
ミッションタイム(純増約36枚)の3種類を搭載。

ミッションタイムは、純増枚数こそ36枚と控えめながら、終了後に100GのRTが
付与するボーナスとなっており、ミッションタイム中は純増0.65枚/1Gとメダルを増やしながらプレーできる。
また、RT中に右上の告知ランプが点灯し、ボーナス成立後は、ボーナス図柄を外しながら
消化することで完走可能となるとのこと。
RTの付いた、アイムジャグラーといった感じでしょうか?
ボーナス確率は、合成確率で 1/183(設定1)〜1/132。
それなりの設定であれば、告知台好きの人は、退屈せず打てそうな機種ですね。

ホール登場は、7月中旬を予定。


ちなみに、ピンクブーは、↓こんな機種でした。
ピンクブー
かわいい筐体デザインとはうらはらに、リプ連が熱かった爆裂台でした。 

2008/06/15


パチスロ高設定最速看破法   > 究極のパチスロ高設定引き寄せの法則

今日、パチスロで勝った人は見ないで下さい。

東京都公安委員会検定通過状況

2008年6月9日告示
ヤーマ
パチスロ機
スーパージャックポットN
エンターライズ
パチスロ機
まかせチャイナ
マツヤ商会
パチスロ機
ポッシブー
アビリット
パチスロ機
花びら
ラスター
パチスロ機
メガラニカ
ニューギン
パチスロ機
サムライチャンプルーY
スパイキー
パチスロ機
ガングキングX
バルテック
パチスロ機
エレベーターアクション


最近のパチスロ業界は、新規参入(というか、名義使い分け?)が多いですね。
"エンタープレイズ"というパチスロメーカーは、初めて聞く名前です。
ググってみましたが、見事に何も出てきませんでした・・・

マツヤ商会は、復活2作目でしたっけ? こういった名前が見れるのは嬉しい限りですが
もちろん、ノーマルタイプの機種でしょうね。  

バルテックの、エレベーターアクションは、ゲームとのタイアップでしょう。
昔、子供の頃ゲーセンで遊んだ記憶があります。

2008/06/14


パチスロ高設定最速看破法   > 究極のパチスロ高設定引き寄せの法則

今日、パチスロで勝った人は見ないで下さい。

パチスロ バイオハザード、山佐から

パチスロ キン肉マンが好調の山佐から、またもタイアップ機である
バイオハザードがリリースされます。
カプコンが製作するホラーゲームの代表作「バイオハザード」シリーズとの
タイアップ機で、同ゲームはシリーズ累計販売本数が全世界で
3450万本(08年2月29日現在)を超える人気タイトルです。
ホール登場は、洞爺湖サミット自粛明けの7月中旬頃の予定。

パチスロ バイオハザード

ART「バイオハザード」(50G/1セット、純増約1枚/1G)とボーナス
(BBは純増平均345枚、RBは同80枚)の連鎖がゲーム性の要。

ART突入契機は、
(1)ボーナス後の高確率で発動したAT中のチャンスナビに従う。
(2)通常時からのRT「ウェスカーモード」(通常時に7図柄揃いで突入、最大50G継続)中に
小役及びボーナス当選時の抽選でARTを獲得。
(3)ボーナスゲーム中にボーナス図柄が揃うなどの特殊条件。
以上の3パターン。


※パチスロ バイオハザード 予告

AT及びART中は左リールに2種類あるボーナス図柄を狙い分けるだけで
メイン役の 9枚役を獲得(両方ナビされた場合は目押し不要)。
また、AT中にチャンスナビが発生した場合はターゲットマークが
示す順番にリールを止めることで7図柄が揃いARTに突入するが、
最初に止めるリールのみボーナス図柄を狙い分ける必要がある。
狙うボーナス図柄は、チャンスナビ発生時に男性の声が聞こえれば
RB図柄、女性の声であればBB図柄を狙う。

ARTは1度の当選で最大10セットまで獲得でき、上乗せ(最大255セット)も可能。
1セット消化後に残りセットがある場合は潜伏アクションが発生し、
数ゲーム後にATが発動することで再びARTへ突入するなど、
4号機時代のAT機を彷彿とさせるゲーム性。

キン肉マンにしても、このパチスロ バイオハザードにしても
最近の山佐は、4thボタンを搭載したタイプを積極的に出していますね。
この

4thボタンの一般的な認知度って、

どうなんでしょうね?



個人的には、あまり打ち込んでないせいもあり、どうにもしっくりこないのですが。
もちろん、ちょっと打ち込めばその場では馴れてしまうのですが
他の機種に移動した時に、どうしてもクセというかなんというか
3つ目のボタンを押した後に、4つ目を押そうとして
恥ずかしい思いをさせられたことが、1度や2度ではなく(笑
どうにも、しっくりこないのです。

4thボタンに馴れた人は、多くいるかもしれませんが
「4thボタンが好き」という人っているんでしょうか?

そのうち

「5thボタン」〜「6thボタン」なんてのが

出ないことを祈ります・・・ ^^;



2008/06/12


パチスロ高設定最速看破法   > 究極のパチスロ高設定引き寄せの法則

今日、パチスロで勝った人は見ないで下さい。

エントゲットって知ってますか?

パチスロに関する記事投稿をおこなっているこのブログで
エントゲット って知ってますか?と聞けば、当然のことながら
パチスロ、またはギャンブルに関係することなんでしょ?と考えますよね?

そう考えたアナタは、大正解ですわーい(嬉しい顔)

エントゲット<カジノ>
※画像クリックで無料会員登録ページに移動します。

エントゲットとは、なんとリアルマネー(現金)を賭けてネット上で遊べてしまうオンラインカジノなのです!
しかし、日本国籍を持つ人であれば当然思うはずです。

「それって違法じゃないの?」と・・・

もちろん、私は法律の専門家ではないので詳しいことは、わかりませんが
オンラインカジノ(エントゲット)は違法ではないという解釈のようです。
このエントゲットのオンラインカジノはサーバーと会社のどちらもフィリピンで運営をしており、
エントゲットが合法である、フィリピン政府の厳しい審査をクリアーし
定期的な監査受けて運営されているとのことです。

現在、日本ではオンラインカジノに関する法律はありませんので
現段階で、オンラインカジノで遊ぶ事はなんの問題もないというのが一般的な
解釈になっているようです。
まぁ、ぶっちゃけ、日本のインターネットに関しての法律がまとまっていないような状況なので
オンラインカジノ は、違法でも合法でもないというのが実情のようですね。。。

しかし、これまでに日本を含め、全世界でオンラインカジノの利用者が摘発された例はなく、
現段階の日本の法律であればオンラインカジノ/エントゲットで遊ぶ事は
まったく問題ないといえるでしょう。
(あくまでも現段階での話であり、将来法改正などにより状況が変わる可能性は無いとはいえませんが・・・)

 ←こちらで無料会員登録できます!



前置きが長くなってしまいましたが、私もフリープレイ(現金を賭けないお試しモード)で
スロットマシンをプレイしてみましたが・・・

エントゲット<スロット>
※画像クリックで無料会員登録ページに移動します。

ハッキリ言って勝負の速さはパチスロ4号機最狂と言われた、
ミリオンゴッドがデジハネ並に感じられるかもしれない。。。
と言えば、しっくりくるでしょうか(笑
勝負の速さは、マジでハンパじゃないです。
レートを低く抑えてプレイしていれば、パチンコ・パチスロなみのスピードで楽しめますが
レート(賭け率)を自分でコントロール出来るので、くれぐれも熱くなり過ぎには注意ですね。

パチスロにあてはめて考えれば、ホールから借りるコイン単価と交換率を
自分で好きに設定出来るようなものです。
例えば、通常1000円/50枚で借りて等価交換だったとすると。
10,000円で50枚借りて、等価交換でプレイすることも可能というわけです。
もちろん、100,000円で50枚借りることも・・・
ムムム・・・ そう考えてみると、自制心に自信の無い方は、プレイしない方が無難ですね。。。

それでも、ちょっとだけやってみたい!という方は、とりあえず無料会員登録すれば
フリープレイ(体験版)を楽しめるので、そちらでどのくらいのスピードでリアルマネーが動くのかを
理解した上で、リアルプレイするかしないかを選択することをお勧めします。

 
私自身も、ハマルと怖いかな?という気がしないでもない(笑) このエントゲット
これからもプレイしてみた感想など紹介していきたいと思います。
最後になりますが、このエントゲットをプレイしてリアルマネーを稼ぐ以外にも
エントゲットを利用して、まったくのノーリスクでリアルマネーを稼ぐ方法があるのです!
レートの高いギャンブルは、ちょっと・・・ という方は、是非コチラをのぞいて見て下さいね!


2008/06/11



有価証券などへ「景品交換」出来る唯一のオンラインスロット「ディーチェ


パチスロ高設定最速看破法   > 究極のパチスロ高設定引き寄せの法則

今日、パチスロで勝った人は見ないで下さい。

パチスロ アニマルA

パチスロ「アニマルA」は、1988年4月に(パチスロメーカーとしては今は亡き?)
アークテクニコ社より、2-1号機として販売されました。


もう20年位前の機種ですが、今見てもカッコイイですね!
7図柄もシンプルで美しいですし、サウンドも鉄火場的な
フインキが伝わってくるようなサウンドじゃないですか!

この「アニマルA」は、本来完全確率方式であるはずが
何故か、明らかな連チャン性を持ってホールに登場しました。

連チャンのシステムは、フルーツの集中とBIG、REGを織り交ぜ
「差枚数吸い込み方式+確率抽選」という抽選プログラムによるものでした。
もちろんこれは、2号機の規則に反した違法プログラムであったので
違法プログラムであることが発覚した後は、撤去、または
基盤交換をおこなった「アニマルG」として再登場しました。

このアニマルですが、パチスロ2号機初期の時代には
連チャン機の代名詞的な機種で、その後の他のパチスロメーカーの
機種開発にも多大な影響を与えた機種でした。

特に大きな影響を受けたのがユニバーサル販売(現アルゼ)で
「コンチネンタル」という連チャン機をリリースしました。
このコンチネンタルは、検定時には無かったはずの、
CS90という連チャン用の部品が搭載されていたことから
後に検定取消し処分、グループ会社である瑞穂製作所(現ミズホ)は
3年間の遊技機販売禁止処分を受けることとなりました。

結局、これらの意味することは、アニマルAの内規違反が
発覚した段階で、基盤交換などの、ゆるい処分だった為に
メーカー側が「違反しても、案外大丈夫じゃん?」みたいな(笑 
甘い認識を持って、機種開発をおこなってしまったということでしょう。

しかしこのアニマル、ホールでの人気は凄まじいものがありました!
客にとっては、違法だろうが何だろうが自分の打ってる台が
連チャンすればOKなわけですからね〜

過去のパチスロ名機を見て、毎回感じることですが
当時そのままの絵柄を使ったレプリカモデルって出ないですかね〜
もちろん筐体も当時のままとは、言いませんが
絵柄と、サウンドだけは再現出来ると思うんですが
昨今のパチスロメーカーには、そんな余裕が無いんですかね?
売れなくたっていいじゃないですか! ってダメか?(笑

でも、遊技機をつくる会社が「遊び心」を失ったら終わりだと思うんですがね・・・

2008/06/06


パチスロ高設定最速看破法   > 究極のパチスロ高設定引き寄せの法則

今日、パチスロで勝った人は見ないで下さい。
posted by 管理人 | Comment(0) | TrackBack(0) | 懐かしの名機

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。