パチスロ スペーススペクター

パチスロ「スペーススペクター」は、
1992年に日活興業(現 ネット)から出た3号機です。
本来のボーナス確率は、REGが圧倒的に高く遊べる機種を意識した
つくりだったのですが、当然それでは客のニーズに応えることが出来ず
爆裂機としてホールデビューをしたケースが非常に多かったようです。
特徴としては、ほとんどクレジット内でのBIG連と200G前後での
引き戻しが多かったように記憶しています。
近所に新規オープンしたホールに導入され、モーニングから
ほとんど出っ放しで、8,000枚くらい出たので、良い印象が強いですね(笑



このスペーススペクター、画期的だったのは下皿が"開き戸"?のような
仕様になっており、開き戸のレバーをずらすと、下皿のコインを
容易に箱に移せるしくみでした。
ちょっとした気配りですが、なかなか良いアイデアと思ったものですが
この機種以外に、このしくみを使ったパチスロを見かけたことがないので
何かの規則に触れるんでしょうかね?

あと、ボフセット打法なるセット打法(BIG)も発覚しました。

2008/06/19


posted by 管理人 | Comment(0) | TrackBack(0) | 懐かしの名機
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。