パチスロ グレートハンター

パチスログレートハンター」は、エーアイ(現在の大都技研)から
1991年に出されたAタイプのパチスロ3号機でした。


ウゥ〜♪ウゥ〜♪ウゥ〜♪レレミミファファミレ♪レレミミファファミレ♪
チープながらも、激しく攻撃的なサウンドです(笑

このパチスロ「グレートハンター」ですが
特徴として、凄まじい連チャン性(もちろん裏モノ)を持っておりバージョンも

●1G連するバージョン
●ダラダラと数珠連が続くもの
●本来存在しないはずのリーチ目やシングルボーナスの集中役が
存在してしまうものなど、多種多様なバージョンが存在しました。

私が住む地域のバージョン(笑)は、ボーナス後50Gくらいまでで
ダラダラとBIGが連チャンする数珠連バージョンでした。
当時、雑誌の解析で見たバージョンの初当たり確率は
高設定域で、1/500程度だったと記憶しています。

グレートハンター

爆発力に関しては、4号機並みかまたは、それ以上のものがあり
一撃で、7,000枚位はザラに出ていたと思います。
個人的には、8枚交換で140k交換した記憶があるので、今にして思えば
万枚オーバー(約11,200枚)だったわけですね〜
私の人生初の万枚は、クランキーコンドルだと思っていましたが
実は、グレハンだったんですね・・・

しかし、当然のことながら爆発力が高ければ高いほど
逆の意味での爆発力も、それ以上に高く、


5万入れても何も引けず・・・


なんてことも、ごく普通にあったように記憶しています。

このグレートハンター、基本的にリーチ目が存在しないので
「たまに目押しをしてボーナスフラグが立っているか確認する」
という作業が必要でした(笑
もちろん、7絵柄がズルっとすべってくれば「熱い」わけですが。
リーチ目が無いので、どうしても「狙って確かめる」必要がありました。

初当たり確率が高設定でも、約1/500程度なので
通常ゲーム中は、当たり前ですがほとんど揃うことはありません。
そんなわけで、逆に揃った時のインパクトは、連チャンへの期待感と
あわせて、凄まじいものがありましたね!

現在の大都技研と、当時のエーアイはどの程度の関連があるのかは
わかりませんが、ぜひパチスロ5号機で「グレートハンター」を
復活させてもらいたいものです。

液晶とか使わずサウンドも当時のチープなサウンドで
完全再現すれば、それなりに話題になると思うんですがね〜
告知ランプだけ搭載して、アイムジャグラーくらいの
確率配分で出したら絶対ヒットすると思いますよ!

2008/06/01

有価証券などへ「景品交換」出来る唯一のオンラインスロット「ディーチェ





posted by 管理人 | Comment(1) | TrackBack(0) | 懐かしの名機
この記事へのコメント
お久しぶりです!

ent!getいい感じじゃないですか^^

ギャンブルサイトのキャッシュポイントとしては、なかなかイイと思います^^

1人登録はジュンさんかな?

私のパソコンでは遊べないのが痛いですが・・

Posted by カオリ at 2008年06月03日 20:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。